トップページ
帰化申請について
日本へ帰化するためには
帰化申請の書類
帰化申請の手続き
韓国人の帰化申請
中国人の帰化申請
外国人の帰化申請
よくあるご質問
   
当社の特徴
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


書類 帰化申請


帰化申請の書類

帰化申請に必要な書類

帰化申請、千葉 帰化に必要な書類は本当にたくさんあります。ここには最低限必要と思われる書類を挙げておりますが、場合によっては提出を求められる書類もございます。詳細は法務局又は弊社までお問い合わせください。



 作成する書類
 
○帰化許可申請書(5cm×5cmの写真貼付、2枚必要)
○帰化動機書(特別永住者の方は不要)
○履歴書
  •  履歴書(住所歴、学歴、身分歴、出入国歴)
  •  最終学歴卒業証明または卒業証書(特別永住者の方は不要)
  •  在学証明書
  •  技能及び資格証明書
  •  自動車運転免許証の写し(表・裏両面必要)
○宣誓書
○親族の概要を記載した書面
○生計の概要を記載した書面
○事業の概要を記載した書面
○自宅・勤務先等の付近の略図

 取り寄せる書類
 ○本国法によって能力を有することの証明
○在勤及び給与明細書、最終学校の卒業証明書、中退証明書、在学証明書
○国籍を証する書面
○閉鎖外国人登録原票の写し
○身分関係を証する書面
  • 住民票
  • 出生届書記載事項証明書
  • 死亡届書記載事項証明書
  • 婚姻届書記載事項証明書
  • 離婚届書記載事項証明書 等
○納税証明書(個人の場合)
  • 源泉徴収
  • 確定申告書(控・決算報告書含む)
  • 所得税納税証明書
  • 都道府県・市区長村民税、非課税証明書
○納税証明書(法人の場合)
  • 確定証明書(控・写し)
  • 決算書・貸借対照表
  • 法人税納税証明書(その1、その2)
  • 法人事業税
  • 源泉徴収簿写し、納付書写し
  • 消費税
  • 法人都道府県民税
  • 市区町村民税

納税証明書類については一般的には3年分必要とされておりますが、特別永住者の方については資料によっては1〜2年分でよいものもあります。

  1. 法定代理人の資格を証する書面
  2. 会社の登記簿謄本や営業許可証・免許証類の写し
  3. 預貯金の現在高証明書、有価証券保有証明書、不動産登記簿謄本
  4. 運転記録証明書

↑このページのTOPへ